レグール公式サイトQITANOなら5%還元【キャッシュレス・消費者還元事業認定】

お尻を大きくしてヒップアップ「脂肪は落とさず」使います

北野 優旗
北野 優旗

こんにちは身体均整師の北野です

座ることが多い私たちは、お尻を鍛えてあげないと美尻から遠ざかります。

お尻を大きくするといっても、太るワケではありません。
今回は当院の患者様にお伝えしている美尻トレーニングをご紹介します。

お尻を大きくするワケ

大きいお尻がコンプレックスなのに!
と思いがちですが、お尻がキュッと上がるとくびれが引き立ってスタイルが良くなります。

すこし想像してみてください。
細いウエストに程よく大きなお尻。

胸やお尻が高い位置にあり、ウエストとの高低差が理想の体型ですよね。女性らしさに体重や体脂肪率は関係ありません。

痩せる=細い・小さい
ダイエット=減量・食事制限

このようなイメージにとらわれ、数字ばかり気にしていませんか?
本当に大切なのはボディのメリハリで、必要以上に痩せなくていいのです。

 

脂肪は大切にとっておく

そもそもむやみに減量やダイエットしても美尻は作れません。胸と同じように、お尻の脂肪はある程度必要だからです。

というか、お尻の脂肪は落としたらダメ。
日本人は欧米人に比べて、胸やお尻の脂肪がつきにくいうえ20歳がピークです。

ぼんきゅっぼんの体は脂肪があってこそ。
お尻の脂肪はぷりっとした美尻に必要なのです。胸やお尻の脂肪を落としてしまうと、なかなか取り戻せません。

反対に、脂肪がつきやすいのはおなかと太ももです。おなかを絞ってヒップアップして、くびれを作れば理想のボディラインになるでしょう。

 

魅力的なスタイルに

あなたは気付かないけれどお尻は見られています。街ゆく人の目線の先にあるのは後ろ姿。魅力的なシルエットがあったらイヤでも目に入りますよね。

あなたはいつも後ろ姿を意識しますか?
家事をこなしながらメイクやファッションに忙しい女性は、いちいち確認しませんよね。ブラで胸を寄せたり、服で着痩せしたりはするけれどお尻は見て見ぬふり。

 

スタイルが良ければどんな服でも女性らしさが垣間みえます。若い頃のようにファッションや買い物が楽しくなるハズ。

ダボっとしたパンツしか選ばなかったけれど、ハイウエストのジーンズが履けるかも。お尻の形がピッタリ分かるような、流行りのスキニージーンズも履きたいですよね。

そのためには程よく脂肪を残しつつお尻を引き上げましょう。

 

お尻は鍛えると上がる

お尻の筋肉を鍛えるとお尻の高さが上がってボディラインがキレイに。お尻の垂れがなくなり、トップが上がるとだらしなさが消えます。くびれが強調されると相対的に小さく見える魔法がおこります。

貴重なお尻の脂肪はとっておきましょう。少ない脂肪でお尻の垂れや形は決まりません。脂肪の内側には筋肉があり、筋肉の衰えが垂れたお尻をつくります。

 

お尻のコンプレックスは無くさずに変えられるのです。脂肪を落としてしまうと、お尻どころかおっぱいも貧しくなりますからね。
そのうえ遺伝によって脂肪の落ちやすい場所は違うので、ダイエットに失敗して後悔する人も。

ご紹介する美尻トレは、お尻を高い位置にあげる方法です。むやみに脂肪を落とすわけではないのでご安心ください。外側の脂肪も一緒についてくるので柔らかい桃尻になりますよ。

 

ストレッチのご紹介

お尻をほぐす方法と、お尻を鍛えるストレッチをご紹介します。

実は、体で一番大きな筋肉がお尻の大臀筋だいでんきんです。

お尻の筋肉

お尻の筋肉 出典”https://www.cecile.co.jp/”

大臀筋だいでんきんを鍛える前に、股の可動域を大きくするため中臀筋ちゅうでんきんをほぐします。可動域が大きければお尻が鍛えられやすく、バランスよく筋肉がつきますよ。

 

まずは、お尻をほぐす

硬くなった中臀筋ちゅうでんきんをほぐして筋トレを効率よくします。

 

動画でチェック!
お尻ほぐし

お尻ほぐし

1分×2セット

  • ほぐす側の足を横に

  • 手根(手首あたり)で円を描く

ポイント

 

  • 横座りでもOK

  • 手の替わりに、テニスボールでぐるぐる押しつけるともっと効く

 

 

またテニスボールやフォームローラーで体重をかけながらほぐす方法も。

お尻をほぐす

お尻をほぐす 出典”https://doors.nikkei.com/”

ヒィーヒィ言ってしまうほど、イタ気持ちいいですよ。

 

次に、お尻を鍛える

いよいよお尻を引き上げる大臀筋だいでんきんです。

 

動画でチェック!
お尻ストレッチ

お尻ストレッチ

片脚5回×2セット

  • 腕立ての体勢になる

  • ひざを伸ばしながら、脚を交互に上げる

  • 脚を上げる時は、お尻を意識する

ポイント

 

  • お尻とお尻の中心を意識する

 

 

お疲れさまでした!

かなりお尻が疲れますよね。それに太ももにも効きませんか?

実は、美脚を作る筋肉も一緒に動いています。
ついでに脚も絞りたい方はこちらをチェック!

参考»内ももの痩せ方は使いかた次第!!職場をあなたのジムにしよう

 

お尻の垂れは筋肉の衰え

若い時は筋肉がしっかりあるので、だれしもピチピチのお尻でした。
しかし年齢を重ねると、老化で垂れてしまいます。
太って脂肪がある人も、お尻の位置が下がって垂れていますよね。脂肪が原因ではなく筋力が無いからです。

お尻の内側をもう少し見てみましょう。筋肉と脂肪の間には筋膜きんまくがあります。筋膜きんまくから「結合組織」が枝分かれして脂肪を支えます。

お尻の結合組織

お尻の結合組織 出典”https://start-diet.com/”

お尻の筋肉が衰えると結合組織もゆるんでハリがなくなります。

でも大丈夫。鍛えてあげることで、筋肉と結合組織が復活してお尻が上がります。座ることが多い私たちは、意識してお尻を使わないと衰えるばかりなのです。

 

ただし結合組織はデリケートで、歩くたびにお尻が揺れてダメージをうけます。胸が揺れると引っ張られるように、振動による「ゆるみ」もお尻が垂れる原因です。

鍛えたお尻をキープするにはあなたに合ったインナーを着ることが大事。若いうちから鍛えて保持すれば、年齢を重ねたとき差がでますよ。

 

美尻と同時に美脚もつくる

歩く動作はお尻と脚の筋肉に大きく影響します。脚の使い方を間違えると、太ももが鍛えられすぎて下半身太りの原因に。

正しい歩き方ができれば、究極の「ながらトレーニング」になります。

お尻の筋トレだけではなく、普段の生活でも美尻を意識してみましょう。

 

美尻と美脚をつくる歩き方はこちら

関連記事

 

美脚の歩き方は重心が9割「気付いたらヤセてた」足の使い方

普段の歩き方をすこし変えるだけで、美脚…

» 続きを読む

 

 

 

関連記事